勉強会2 ( 2021年春 手技勉強会) 

関節トレーニング : 関節胞内運動を利用した治療法

【棘突起の触診/痛みの確認】

腰部の棘突起に圧痛があれば、ほぼ胸部にも圧痛がある。

一次カーブ/二次カーブ

痛みは関節胞由来

関節胞の伸長は関節の突起を使って関節内部より行う。

L4/L5の場合

L4の棘突起をベット側に垂直に押す。

L5を逆方向に引き上げる。

肋骨突起が関節内部から上下に開いて

関節胞が内部から広がる。

棘突起の触診/痛みの確認1

棘突起の触診/痛みの確認3

棘突起の触診/痛みの確認2

棘突起の触診/痛みの確認4

【股関節】

3Dで動かす!

前額面では頸体角135°

横断面では大転子から股関節の中心の方向へ押す。

押すことで関節内部が流体力学的に動き易くなる。

股関節1

股関節2

【膝の屈曲拘縮】

座布団の位置:関節裂隙の下

凹凸の法則

大腿骨側からベットの方向に垂直に押し、

同時に下腿を外旋させる。

この方法で痛みを極力抑えて屈曲拘縮を改善させる。

​膝の屈曲拘縮

正座

最終屈曲では、下腿は内旋だけ!!!

内旋制限で正座はできない。

正座

【足関節】

■距踵関節

内果外果の下方を把持することで距骨を固定する。

距踵関節1

■ショパール関節

距骨と踵骨を同時に固定する。

 

舟状骨と立方骨の触診

回内で立方骨側の剪断方向の動きを出す。

回外で距骨側の剪断の動きを出す!(縦のアーチ)

​■リスフラン関節

第二楔状骨の触診

立方骨の触診

距踵関節2