top of page

痛みを軽減する「手技」で引きこもり予防

皆さん。1月も中旬になり、寒さが一段と厳しくなりましたが

いかがお過ごしでしょうか。

この時期は温暖な時期より 体のあちこちが痛くなる季節です。

寒さで体の皮膚や筋肉が縮こまり

血行が悪化することで

冷えや疼痛物質(インターロイキンとかプロスタグランジンとか、、)の滞留

が起こります。

そうすると

体は冷えるは関節や腰・ひざは痛いはでますますじっとしてしまいます。

でも、このままではだめだ!何とかしないといけないと思っている方は多いと思います。

そんな時は豊齢力チェックリストでフレイル度をチェック!しましょう

私の所属する「リハビリステーショングランツ高松」は

寒さで冷えた体を「手技」で血流を改善し、膝や腰の痛みなどを軽減することが得意です。

専門スタッフが手指を使い、お一人おひとりの症状を評価・分析をし

何らかの原因により関節の拘縮、筋肉の硬結、廃用性、後遺症などで

柔軟性の低下している部位の血行を改善し、疼痛物質を解消する事で

回復する事が出来ます。

そして、さらに適切な運動をサポートを受けながら、他の利用者と楽しく行うことで

逆に体を鍛えていけるのです。

じっとしていても、寒さや痛みは消えません。

「リハビリステーショングランツ高松」をはじめ、敬愛の介護予防サービスを体験してみることを

お勧めします。

ではどうすればいいのかというと

「体験利用するにはどうすればよいですか?」

と電話で問い合わせてください。

ちなみに「リハビリステーショングランツ高松」は

022-341-3641

です。

※対象者が限定されます。65歳以上の仙台市にお住いの方が対象となります。

それ以外の方は、最寄りの地域包括支援センターにご相談するとよいかもしれません。

では、寒い冬を敬愛の手技で乗り切りましょう!

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page